雨柳堂夢咄 (2)の言葉の意味

骨董屋・雨柳堂には、さまざまな“想い”のこもった品々が集まる。
なぜならそこには、器物にまつわる因縁を解くことができる、店主の孫息子・蓮がいるから……。
古美術が映し出す人の愛と情、この世の幻想と怪異を流麗な筆致で描く骨董不思議因縁譚シリーズ。
いわくつきの品々が集まり、いわくありげな客が訪れる骨董屋・雨柳堂。
そこには骨董に宿る精霊たちと、人と人との不思議な縁とを取り結んでくれる店主の孫息子・蓮がいる……。
古美術が映し出す人の愛と情、この世の幻想と怪異を流麗な筆致で描く骨董不思議因縁譚シリーズ。
人の手を経巡る古いものには“想い”を宿し、不思議ないわくを持つものもある……。
骨董屋「雨柳堂」の店主の孫息子・蓮が解き明かす、骨董と人の紡ぐ物語とは? 古美術が映し出す人の愛と情、この世の幻想と怪異を流麗な筆致で描く骨董不思議因縁譚シリーズ。
9つの物語が織りなす、夢と幻想と耽美の世界。
成就することのない男同士の恋は、想いは、一体どこへ辿りつくのだろうか……。
そしてこれは幻なのか、それとも現実なのか――。
抱き続けた秘めやかな想いは、今、美しくよみがえる――。
美しくも儚い人間の想いを、波津彬子がやさしく描き上げた短編集。
私は“おはらい”を生業としている。
古い屋敷に憑き、悪魔祓い(エクソシスト)では効き目のない東洋系のモノをはらうのが仕事だ――。
黒のスーツ・黒のネクタイ、黒眼鏡、そして黒の手袋。
全身黒ずくめの渋〜いお祓い師と、もののけに好かれるアシスタント君の、オリエンタル・オカルト・コミック!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60010986