歎異抄・執持鈔・口伝鈔・改邪鈔です。

親鸞のふかい哲学的思索と純粋な阿弥陀信仰は、その後、かえって異端を生じようとした。
生前の親鸞の信仰をとおして正統を守ろうとする人びとによって説かれた、親鸞の真意を伝える苦悩の書。
一世の名妓が油売りの真情に感動して夫婦となる話、女装の美少年にまつわる結婚喜劇……。
中国明代の世相・人情を、批判をこめつつ生き生きと伝える全40話の新訳。
第1巻は、第8話まで。
巻末に千田による解説を付す。
布教の情熱に燃え、東海の果て日本へ渡来した宣教師たち。
ザビエルの渡日をめぐって描かれる編年体の記録は、キリシタンの凄絶なドラマを物語る。
第2巻は、ヴィレラ一行が京都に入った1560年から63年まで。
残忍目をおおうばかりの惨状! 明代末から清代初頭の血で血を洗う動乱を描いた実録。
四川省の張献忠の乱を描く『蜀碧』、清軍が揚州を破り、嘉定を攻略したさいの残虐の記録『揚州十日記』『嘉定屠城紀略』を収める。
幕末、近江に生まれた金谷は、11歳で預けられた寺を出奔して以降、半生を波瀾万丈、天衣無縫、滑稽百出の放浪の旅に過ごした。
奇想天外で天真爛漫な『金谷上人御一代記』の楽しい現代語訳。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60002533