蜘蛛男のページです。

次々と若い女性を誘拐し、惨殺する恐るべき殺人鬼<蜘蛛男>。
彼はまず里見芳枝を空家の浴槽で殺し、切断して石膏像に見せかけ、衆目に曝した。
次いで、芳枝の姉・絹枝の心臓をえぐり、江ノ島の水族館の水槽に浮かべる……!異常な<青ひげ>殺人犯と戦う犯罪学者畦柳博士。
乱歩の通俗ものを代表する戦慄の長編。
挿絵・松野一夫、林唯一。
『蜘蛛男』事件を終えて休養のために湖畔のホテルへやってきた明智小五郎。
彼はそこで会った大宝石店の令嬢玉村妙子に、いつしか憎からぬ感情を抱くようになった。
それも束の間、一足先に帰京した妙子の要請で明智はまたもや事件の捜査に乗り出さなくてはならなくなった。
異常なまでの復讐心に燃える魔術師との死闘!挿絵・岩田専太郎右腕に黒蜥蜴の刺青をした美貌の黒衣婦人。
社交界の花形にして暗黒街の女王は、大阪の富豪岩瀬家の秘宝「エジプトの星」とその愛娘を狙って、大胆にも明智小五郎に挑戦状を叩きつけてきた!三島由紀夫の脚色による映画・演劇によって、さらにその名を天下に知らしめた、妖しい女賊と名探偵との宿命的な恋を描く長編推理。
挿絵・林唯一初秋の温泉宿で、美貌の女性、柳倭文子を間に挟み、世にも奇妙な死闘が執り行われようとしていた。
やがて舞台を東京に移すや、彼女をつけ狙う不気味な唇のない男が出現し、怪事件が続出する。
明智と『黒魔術』事件で知り合った美人助手文代、それに小林少年が加わり怪人を向こうに回した死闘の幕が切って落とされる!挿絵・岩田専太郎金色に輝く仮面をつけた怪盗が、大胆不敵な手口で日本の古美術品を次々に狙っていく。
その怪人に恋をした大鳥不二子嬢を守るため、事件の渦中へと飛び込んでいく、ご存じ明智小五郎。
現場に残されたA・Lの記号はいったい何を意味しているのだろうか。
不気味な仮面の下に隠された素顔を明智はあばくことができるだろうか。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000702