[デジコミ新潮com2]雨のち晴れ、ところにより虹第4話の解説です

“湘南の風が運ぶ物語”――人の繋がりって何だろう? 優しさって何だろう? 入社十年目、情報誌の編集者・由衣は、今年満32歳。
先輩の慶子と元同僚の友佳子の二人を誘って、向かった先は鶴岡八幡宮。
いずれも本厄まっただ中トリオの厄払いツアーだった。
というのも、言い出しっぺの由衣は、無実の罪をきせられて、おまけにぎっくり腰。
とどめは彼氏の素っ気ない態度…と負のスパイラルに真っ逆さま。
厄女・由衣の頭上に立ち込めるかつてない暗雲に、一筋の光明は差すのか!?ネット社会の牽引車だったマイクロソフトによる業界支配は終焉を迎えつつある。
選挙活動にまで影響を及ぼす動画共有サービスのユーチューブ、iPodなどの携帯音楽プレーヤーの普及とあいまって成長を続ける音楽のネット配信サービス。
新サービスが次々登場し、ネット時代が本格的に到来するとともに、ネット社会の主役交代も近づいている。
マイクロソフトとアップルの宿命の対決にグーグルが絡む勢力争いをレポート。
アメヤは幼い頃、自分の猫をペットというより弟のように思っていた。
アメヤの目には、猫は人間の姿のように映るのだ。
しかしその“弟”が死んでしまった運命の日から、アメヤは自分の殻に閉じこもってしまう。
そして数年後、悲しみからいまだ抜け出せず心を閉ざしたままだったアメヤは、雨が降りしきる公園で一匹の迷い猫・ロキと出会う。
その瞬間、アメヤの止まっていた時間がゆっくりと動きはじめて…。
アメヤにかかれば、ロキも猫耳とシッポがついたやんちゃボウズにしか見えない。
キュートで、萌えで(!?)、心温まる感動も与えてくれるキャット・ボーイの物語。
9才のアマンダは寂しがりやの女の子で、ペットが欲しくてたまらない。
ついにできた待望の友人・フェレットにピーチと名づけ、嬉しくて仕方がない様子。
だけど、ずっと一緒にいるには2つの条件が。
それはアマンダがピーチの面倒を見ること、そして、ピーチが絶対に噛みつかないこと! でも、小柄でプリンセス気取りのピーチにとって、アマンダの手は5つの頭を持つ怪物。
神経質なピーチは、身を守るために噛みついた! さぁ、どうするアマンダ? 友情はここで終わっちゃうのか? かわいい1人と1匹の勘違い友情ストーリー。
授業で「自慢の持ち物紹介」をする日がやってきた。
アマンダのピーチは大評判に。
やっとアマンダが人気者になったのだ! でも人気者で親友のキムやピーチに頼らないでみんなと打解けたいアマンダ。
何とかして目立たなくては!そんなアマンダに悪ガキ『M.A.D.』の魔の手が忍び寄る―。
一方、ピーチは自分よりさらに気取ったフェレットに遭遇。
うぬぼれ屋で自己中な彼の名は、パヴァラッティ。
彼の残酷な物言いによってピーチは気づく――本物のプリンセスなら、自分の王国を持たなくてはいけないことに! ただのフェレットではなく、王子を迎えるべき身分であることをピーチは証明できるだろうか?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60017073