女医レイカ(9)について理解を深めよう!

バラバラにされた死体には食べられた痕跡があった。
カニバリズムの影に隠れた秘密とは…(「闇のカニバリズム」)。
飛行機の墜落事故から生き残った少年には<恐怖心>が無くなっていた…(「フィアレスの少年」)。
アメリカのセラピスト時代にレイカが受け持った色情狂の女性。
11年後、彼女はレイカへの殺意を胸に日本へ…(「暁の逃亡」)。
巧みな腹話術で客を楽しませる男。
しかし、自分の意志と無関係に人形が話し始めて…(「人形の意志」)他を収録。
絵画を見ていると気を失ってしまう女性の中には、抑圧された性倒錯があった…(「偏執狂のキャンパス」)。
現実の出来事を予知夢に見る少女。
ある日、少女は父親が死ぬ夢を見て…(「予知夢の少女」)他を収録。
城南大付属病院から独立し、メンタルクリニックを開いたレイカの最初の患者は、新興宗教にはまった女性だった。
薬物などによる洗脳の疑いがあると見たレイカは<脱洗脳>を試みるが…(「天国への道」)他を収録。
両親を惨殺され、その現場を目撃し唯一生き残った少年は、発見された時、声を失っていた。
治療にあたることになったレイカの前で、少年は獄死したはずの凶暴な殺人犯の霊を憑依させた…(「雪夜の惨劇」)他を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60006710