新説百物語(4)について

「百物語の会」で話す怪談を探していた初音は、父親に初音が5歳のときに訪れたことのあるという山の宿に連れて行ってもらう。
この宿には怪談話が得意な主人がいて、初音が訪れた10年前に起こった恐ろしい出来事を聞かせてくれた…!! 「山の宿怪談」他5編収録。
宝珠山九輪寺に除霊してほしいと持ち込まれた呪いの鏡。
鏡を持った家はひとり残らず滅亡してしまうというこの鏡は、中世ヨーロッパで黒魔術の儀式に使われていたという!! 鏡に魅入られたら、鏡の世界へ引き込まれ魂を吸い取られてしまう!? 「魂を吸う鏡」他5編収録。
保阪春介はカメラマンのタマゴ。
弟思いの兄・秋夫と二人暮らし。
ある日、友人と夜の公園のアベックを盗撮に行ったところ、とんでもないスキャンダルを撮ってしまう。
前総理や暴力団もからんだこの事件で、春介は命を狙われることになった…! 春介を助けるべく、決意を固める兄の秋夫。
その意外な正体とは…?兄の秋夫は実は凄腕の殺し屋だった! 兄が人を殺す現場を目撃した春介は戸惑いを隠せない。
春介を守るため、暴力団、そして写真に写っていた前総理を暗殺しようとする秋夫。
目的を達し、国会議事堂にたてこもった秋夫だが、踏み込んだ機動隊の狙撃に倒れる…。
秋夫の恋人マリーの危機を救った春介は、マリーを愛しはじめる。
そして二人で生活することに…。
しかし気の強い二人同士がうまくいくはずもなく、春介は稼ぐために写真週刊誌でスキャンダルを盗撮する仕事を始めた。
その行きつく先は…?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60010869